寝る前の瞑想法

本日は自宅でも簡単にできる瞑想の呼吸法をご紹介します。
簡単なストレス解消法として寝る前にできるたった3分間の瞑想法をお伝えしていきます。特に浅い睡眠にお悩みの方は、ぜひ寝る前にこの瞑想を取り入れてみてください。

画像の説明

瞑想の基本的なやり方

睡眠環境が整ったら寝る前の1分間、目を閉じて呼吸に集中することから始めてみましょう。

慣れてきたら…

・姿勢を正し、イスや床、ベッドに座る。

*ポイント

肩の力は抜きましょう。

・目と口を優しく閉じる。
・今ある息を吐ききる。
・鼻からゆっくりと息を吸い、その倍の時間をかけてゆっくりと滑らかに鼻から息を吐きだす。

*ポイント

呼吸に集中するために、鼻の中を通る風を感じるように意識してみましょう

この一連の流れを繰り返していきます。

瞑想に慣れるまでは、呼吸の回数を「1、2、3…」と数えていくのもおススメです。そうすることで、呼吸以外のことは考えられなくなるはず。頭の中を空っぽにしていくことこそが、寝る前に瞑想をする目的です。

寝る前の瞑想に慣れてきたら時間を伸ばしましょう。

3分間なんてあっという間だから簡単!と思った方は、早速トライしてみてください。

瞑想になれていないと、驚くほど3分間が長く感じるでしょう。

慣れてきたら、3分、5分、10分と瞑想の時間を伸ばしていきましょう。

好きな香りを嗅ぎながらゆっくり瞑想しましょう。更にリラックスに繋がります。少しずつゆっくり始めてみてくださいね。

画像の説明