インフルやノロがやってきた!ウィルス対策におすすめ漢方

ウィルス対策と言えばこれ、「板藍茶(ばんらんちゃ)」

画像の説明
====

板藍茶は板藍根(ばんらんこん)から抽出したエキスを顆粒状にしたものです。板藍根(ばんらんこん)とは、アブラナ科の植物ホソバタイセイの根で、抗菌・抗ウイルス作用や清熱解毒作用にすぐれた生薬として中国の病院では、肝炎や皮膚病などの治療によく処方されており、また家庭の常備薬として風邪やインフルエンザの予防によく使われています。

ヨーロッパではその昔、藍染め(あいぞめ)に使う藍(あい)の原料として使われていました。藍染はその色だけでなく、傷から感染を防ぐために使われていたといわれています。

2003年に中国でSARSウイルスが大流行したとき、板藍根は、中国の衛生部(日本の厚生労働省にあたる役所)が予防に効果があるとして全国の病院や家庭に積極的に服用をうながし、SARSウイルスの慢栄を終息させたということで、WHO(世界保健機関)からもその効果を高く評価された生薬なのです。

今でもインフルエンザや風邪が流行する季節になると、中国の小・中学校では生徒たちに板藍根の生薬を煎じたお茶を飲ませているそうです。そのおかげか、中国では風邪やインフルエンザが流行しても学級閉鎖になることがなく、その高い予防効果が認められています。

ノロウィルス対策にも

風邪の予防に板藍茶を1日1~3包を目安にのみます。昨今ではノロウィルスなど急性胃腸炎の予防にもよく使われています。板藍茶は天然の抗ウィルス薬のようなもので、インフルエンザウィルスだけでなく、ノロウィルスにもその効果を発揮します。これから急性胃腸炎が流行するきせつですので、是非予防にもご活用ください

画像の説明
飴もありますよ。喉のケアには最強ののど飴だと思います。ただウィルス対策となると、エキス量の濃いお茶タイプをおすすめします。


飲み会シーズン到来!飲みのおともにおすすめ漢方

食べ過ぎて苦しいお腹がすっきり楽に 晶三仙(しょうさんせん)

画像の説明
====

中国の食事は、食べきってしまうと「足りなかった」という意味になるとされ、それこそ食べきれない量の料理がテーブルの上に所狭しと並べられます。そんなときに必ずと言っていいほど出されるのが山楂子(さんざし)のお菓子です。晶三仙はそんな山楂子に加えて、麦芽や植物性発酵食品(フスマ)を含み、脂っぽい食事や、炭水化物の消化に適しています。

漢方では、食べたものが胃に停滞しておこる胃もたれやお腹の張った感じ、便秘や下痢、腹痛などの症状を「食積(しょくせき)」といいますが、晶三仙は消化を助け、胃腸をスッキリさせる働きがあります。


}}


お酒をおいしく頂くなら 木鶏丹(もっけいたん)

中国東北部長白山周辺の満州族に古くから伝わる木鶏湯(もっけいとう)という漢方を飲みやすい粒状にした漢方です。木鶏丹は、です。中国で、肝臓病のファーストチョイスとして有名な、複方木鶏顆粒をもとに作られ、肝臓の働きを助け、保護作用も期待できます。

画像の説明


ミドリ薬品イオン店ではこの晶三仙と木鶏丹をお得なセットで販売しております。詳しくは店頭で「究極の飲み会セットは?」とお尋ねください。

湿気でジメジメ。そんなときにおすすめ漢方

ジメジメ梅雨の胃腸対策にオススメ 勝湿顆粒

画像の説明

暑いときに、冷たいものをたくさんとると、その湿気と熱が合体してえらいことになります。まず胃腸が弱って、変にのどばっかり渇いて、俗に言う「夏バテ」になります。のどが渇くから、暑いから冷たいものさらに飲んで、悪化させるという悪循環にも陥ります。そうなる前に食養生と漢方で対策を。

これからの時期雨が増えて、湿気がますとともに増えてしまいがちな冷たい飲食。確かに暑いときのビールや冷たいジュースはとてもおいしいですが、胃腸にとってはとっても負担になってしまいます。冷たいものの摂り過ぎなどで溜まってしまった湿気で、食欲不振や全身の倦怠感、下痢、胃腸炎などにお勧めの漢方です。

湿気を追い払うのにオススメな食材は?

● 緑豆、小豆、大豆、ソラマメなど豆類
●こんぶ、ひじきなど海藻類
●大豆モヤシ、緑豆もやし、緑豆はるさめ
●はとむぎ、鰻、ドジョウ、春菊、豆腐、そば、くらげなど


胃腸の働きが弱いけど、口が渇く、赤ら顔、便秘には瀉火利湿顆粒

冷たい飲食が増えて、体内に余分な湿がたまって、それがずっと続いたら、こもって熱を帯びて『湿熱』という状態に変わります。夏はただでさえ暑く、熱が湿と合体しやすい状態なので、湿が湿熱に変わりやすいです。湿熱になると、だるさや胃腸不良に加えて、のぼせ、暑さ、のどの渇きなども加わります。そんな時には、火を消して、湿気をなくす、瀉火利湿顆粒がおすすめ

瀉火利湿顆粒


夏に向けた食養生は、湿対策、食欲減退対策です。

肉類は少なめにし、豆類、豆製品、胡麻、夏野菜(瓜類やなすなど)を摂り、温性のニンニク、しょうが、からし、しそ葉などで、冷たいものとのバランスを摂りましょう。


ミドリ薬品イオン店で一粒で大満足のドライフルーツ「なつめ」販売中!

心脾顆粒 画像の説明

店主もびっくりのサイズ。赤ちゃんのこぶしぐらいあるんじゃないでしょうか。今までこんな大きな棗(なつめ)は見たことがありません。

この乾燥なつめは、せんじ薬にも使われるレベルの品質を保ち、なおかつそのまま食べても甘くてとってもおいしいです。食感は、「つぶした黒糖パン」。というとあんまりおいしくなさそうですが、コレが甘くておいしいんです。一度ぜひ食べていただきたい。

ナツメの漢方的効用は、
①温性で胃腸の機能を整え、体を温めて元気にする。
②造血機能を促進して、精神を安定させる。

の二つ。ちょと疲れて元気がないときや、気持ちが落ち込みがちなとき、そして爪が弱くなっていたり、多くの血を消耗する妊娠中や授乳中のおやつとしても最適です。
ほとんどの方に適しているといえますが、お腹がよく張って痛みを感じている場合や、のぼせがひどい人はちょっと控えめに食べてください。

乾燥なつめ 80g入り 540円(税込み)です。少量ですが、店頭に在庫ございます。
}}




女性の宝、婦宝当帰膠のお話

“婦宝当帰膠(ふほうとうきこう)”という漢方をご存知でしょうか。婦宝当帰膠は、芸能人やモデルの方々が美しさと健康をサポートするためにご愛用されていたことが雑誌で紹介されるなど、全国的にもとても人気の高い、まさに女性の味方と呼べる漢方です。

画像の説明

婦宝当帰膠の主成分、当帰とは??

婦宝当帰膠の主成分である当帰は、セリ科のトウキ属の根を乾燥させたものです。夏から秋にかけて、白い小花をつけ、セロリのようなにおいがします。生薬としての当帰は、血に栄養を与え、血の循環を促す生薬として使われており、まさに女性の宝とも言われる生薬です。婦宝当帰膠はこの当帰を成分の60%を占める主薬とした9種類の生薬で構成された漢方製剤です。

当帰の花 (画像 wikipedia より
画像の説明

不足しがちな「血」

中医学では婦人は、【血(けつ)をもって本となす】といいます。
女性は毎月約150ccほどの血を生理で失っているので、男性に比べて女性の体では容易に血の不足が起こってしまいます。そして妊娠、出産、授乳においても、大量の血液を消耗します。血を十分に普段から補っておかなければ、冷えや貧血、生理痛や生理不順、そして不妊症へとつながってしまいます。

~「血虚」と「貧血」の違い~

貧血とは、血液中のヘモグロビン濃度が一定の基準値を下回った状態を指していて、中医学でいうところの血虚(けっきょ)という状態は、個々の体に対して血が十分にない状態を示しています。

血虚は、血の滋養(栄養を補う)・滋潤(潤す)作用が低下した状態を示しています。原因は、
①血の材料となる飲食物の摂取不足、
②脾胃虚弱による吸収力の不足、
③腎精不足による血液生成力の低下、

④過度の思慮による消耗、
⑤過労・慢性病による消耗、
⑥出血による消耗があります。

基本的には作りきれてないか(①~③)、使いすぎている(④~⑥)かということです。

血虚により引き起こされる症状は、めまい、視力減退、顔面蒼白、唇や舌の色が淡い、爪の色が淡い、爪がもろい・かけやすい、身体がかたい、筋肉がつる、脈がよわいなどがみられます。このほか精神活動を支えることも血の役割ですから、不足すると、健忘、不眠、不安、不規則な動悸、やる気の低下などがみられます。逆にいうとこれらの症状がみられる場合、血虚を疑います。

~血虚(けっきょ)のチェックリスト~

体に十分な「血」があるかチェックしてみて下さい。

□冷え症、手足やお腹が冷える
□顔色が悪い
□乾燥肌で小シワが気になる
□眠りが浅い
□髪にツヤがなく、枝毛、抜け毛になりやすい
□貧血になりやすく、めまいがおこりやすい
□生理の量が少なくなり、生理の周期が長くなりやすい
□便意はあるが、出にくい
□ツメが薄くて折れやすい
□疲れやすい、立ちくらみ
□血圧が低い
□気分が落ち込みやすい
(婦宝当帰膠リーフレットより)

*1つでも当てはまる方は「血」が足りない「血虚」の可能性があります。

血は身体を潤し、栄養を与える物質です。女性の身体は月に一度血を失っているので、血の不足に陥りやすく注意が必要です。不足すると冷えたり、乾燥したり、心が落ち着かなかったりしますので、男性でもそれら症状でお悩みのかたは血を補う婦宝当帰膠など「血」を補う漢方をお勧めします。

大豆は血を補う食材のひとつ
画像の説明

婦宝当帰膠と妊娠

「婦宝当帰膠が妊娠に良いと聞いたのですが??」というご質問もよく受けます。血が不足する症状である「血虚」が見られる場合は、婦宝当帰膠が功を奏し妊娠しやすい体作りができることも十分に考えられます。ここで重要なのは、個々の体質は違い、子宝に恵まれない理由も一人ひとり違うということです。

妊娠を成立させるのに十分な「血」が不足した状態や、ホルモンバラスの問題、そして冷えや、逆に熱のこもりも問題になる場合がありますので、子宝で婦宝当帰膠をお考えの際には、ぜひ一度、当店にてご相談下さいませ。
画像の説明